秋田式トレーダー育成プログラム「Winner's FX(ウィナーズFX)」


秋田式トレーダー育成プログラム「Winner's FX(ウィナーズFX)」



あなたにいくつか質問をしていきたいと思います。
次の中であなたに当てはまるものにチェックを入れてください。

この質問の回答次第で、あなたがこの先、FXで勝ち続けられるかどうかが分かります。

非常に重要な質問ですので、ぜひ真剣に答えてみてください。


質問その1
上記以外にも「1日あたりの利益目標や許容損失」「1ヶ月あたりの利益目標や許容損失」などを決めないでトレードしている人も、こちらにチェックを入れて下さい。
質問その2
世の中には、様々な投資理論やノウハウがありますが、その中から本当に必要なものが何なのか、役立つものは何なのかを見極めることが難しいという方は、こちらにチェックを入れて下さい。
質問その3
チャートを見ていて、なんとなく「上がりそうだな」「下がりそうだな」と思って
感覚だけで売買してみたり、ニュースなどを見て裏付けも取らずに売買するような
ことがある方は、こちらにチェックを入れて下さい。
質問その4
テレビやインターネットなどで、有名なアナリストや評論家、トレーダーなどが相場の見解を出しているのを見て、その通りに売買したことがある方は、こちらにチェックを入れて下さい。
質問その5
想定よりも大きな含み損になってしまったのに、損切りを入れなかったり、躊躇した
ことがある方は、こちらにチェックを入れて下さい。
質問その6
持っているポジションが逆に行ってしまった時に、含み損が大きくなりすぎてしまい、決済できずにそのまま持ち続けることを塩漬けと言います。 これをやったことがある方は、こちらにチェックを入れて下さい。
質問その7
たとえば、高い勝率で小さな利益をコツコツと出していたのに、たった1回の負けでその利益をすべて失ってしまった人は、こちらにチェックを入れて下さい。
質問その8
強制決済とは、含み損が大きくなりすぎた時に、証券会社が自動的に決済してしまうことを言います。このような経験がある方はこちらにチェックを入れて下さい。
質問その9
チャートを眺めていると、ついついポジションを持ちたくなってしまう人は、こちらにチェックを入れて下さい。
質問その10
ナンピンとは、自分が思っていた方向と逆に相場が動いてしまったときに、「買い増し」や「売り増し」をすることです。 無計画なナンピンをしたことがある人は、こちらにチェックを入れて下さい。
質問その11
それまでの負け分を一気に取り戻そうとして、取引枚数を大きくしてトレードしてしまう“ギャンブラータイプ”の方は、こちらにチェックを入れて下さい。
質問その12
予め自分で設定した利益幅に届く前に、小さな利益で決済したことがある方は、
こちらにチェックを入れて下さい。
質問その13
FXトレードに勝率100%はありません。それなのに、1回1回のトレードで熱くなってしまう方、一喜一憂してしまう方は、こちらにチェックを入れて下さい。

さて、あなたはいくつ該当しましたか?

一般的には5~7個くらい該当される方が多いです。

結論から先に申し上げますと、

上記の質問に1つでも該当するとFXでは勝ち組になれません。

もし、「あなたが1つも該当しなかった」というのであれば、何の問題もありませんので、
当サイトを今すぐ閉じていただいて大丈夫です。

一方で、上記の質問に1つでも該当した方は、失敗の芽を摘んでいく必要があります。

これは、一見「消去法」のように見えるかもしれませんが、
無駄を省き、負ける原因を取り除くことで、日々のトレードが研ぎ澄まされていきます。

実際、私が自分のトレードに確信が持てるようになったのは、
この13項目に該当しないトレード法を構築してからでした。

当然ですよね。
負ける要素がなくなるのですから。

もちろん、日々の「勝った」「負けた」はあります。
FXトレードに勝率100%はないので、それは仕方がないことです。

それよりも、私たちが一番に考えなければならないことは、
トータルの収支をプラスにすることです。

できれば1日単位、最低でも月単位の収支をプラスにし、
それを毎月継続させることができなければなりません。

1回のトレードの「勝った」「負けた」は差ほど重要ではありません。

では、話を戻しましょう。

私は約10ヶ月間、デモトレード漬けの毎日を送っていましたが、
これらの「負け組の要素」を完全排除し、ある5つのトレード手法を構築したことで、
デモトレードを卒業することを決意します。

そして今でこそ完全なるFXトレード収益を実現することができるようになったのですが、
あなたは私がどんなトレードをしているのか知りたくありませんか?

そこで、次は具体的なトレード手法についてお話しましょう。


私のトレード手法は、たった5つしかありません。

どの場面でどの手法を用いるかは、その時の相場の状態(チャートの形状)によって決定します。

相場の状態とは「現時点に至るまで相場がどのような動きをしてきたのか?」というプロセスです。

たとえば、現在の相場が上昇していたとしても、

■一方的に相場が上昇してきたのか?
■上がったり下がったりを繰り返して上がってきたのか?

など、そのプロセスは異なります。

これをさらに細分化して分析していくと面白いものが見えてきます。

それは、たった5つのパターンで、ほとんどの相場が抑えられるということです。

そのため、私のトレード法は非常にシンプルです。


>>>秋田式トレーダー育成プログラム「Winner's FX(ウィナーズFX)」






[PR]
by kn19571 | 2017-07-19 11:55 | 株・FXで稼ぐ | Comments(0)