★指標発表時トレード必須ツール★「Shot Gun Trader」(ショットガントレーダー)狙い定めたイベントで、ほんの数10秒もあればローリスク・ハイリターンを実現!!




最近、重要経済指標をターゲットとしたツールには、

「指標の内容を事前にキャッチして、あっという間に利益を獲得する」

といったものあります。

しかし、そういったツールは、

「あくまでも重要経済指標が発表された直後に成行注文を実行」

して、大きく跳ねた瞬間に利食いを実行するという手法ですので、
このツールの手法とは「根本的な違い」があります。

一見すると、そういったツールは、
ノーリスクなトレード方法に見えますが、

成行注文(追いかけ注文)で約定するために、
レートがある程度落ち着いてからでないと
ポジションをとることは現実的には不可能です。

重要経済指標発表時は、発表直後に一気にレートが飛び、
すぐにピークをつけて発表時点に戻ってしまうことが良くあります。

このような値動きになると、

買いで高値掴み・売りで安値掴み

となってしまう可能性が高いのです。




【Shot Gun Trader】では、発表直前に逆指値注文を執行しますので、
成行注文よりも圧倒的に約定する可能性が高くなります。

指標の内容次第で一気に飛ばずに、
じわ~っと動いていくことがありますので、
このような値動きでは逆指値注文で確実に約定するでしょう。
(ただし、多少のスベリは生じると思います。)

しかし、追いかけ注文である成行注文では、
スベリの許容値次第では約定しない恐れがあります。

ロイターやブルームバーグの専用端末(月額数十万円)を利用して、
発表直後に注文を入れる方法もあります。

現実的には、指標の内容を踏まえて注文を行う一番早い方法かもしれません。

しかし、その情報を踏まえてMetaTrader4の注文情報をPCから配信して、
ブローカーのサーバーに受け付けられるまでには、
少なくとも1秒はかかるでしょう。

その後に成行注文したところで、
その情報端末で検知した時点のレートからは、
かなり、かけ離れていることが予想されます。

実際に動いてから成行注文を実行するというのは危険性が高いのです。




ここで、【Shot Gun Trader】の基本ロジックである逆指値注文について、
少し詳しくご紹介します。

重要経済指標発表直前に、
一定幅の逆指値注文を両方向に入れます。

このときブローカーが提示するスプレッドが広がる恐れがありますので、
ある程度の許容幅を設定しておくことが重要です。

逆指値注文にヒットして約定したら、
あとは決済のタイミングを待つことになります。

【Shot Gun Trader】では、

この両方向の逆指値注文を「注文」タグを1回クリックするだけで実行

できるのです。



成行注文であれば、エントリー方向へすかさず注文を執行し、
似たようなトレードはできると思います。

また、ターゲットとする経済指標の発表前に、
逆指値注文を執行する準備をしておくことは可能です。



しかしながら、この方法の場合は、
一方向の逆指値注文に限ることになりますので、
反対方向への注文は指標発表直前に執行することはできません。

二重にログインして、
別にインストールしたMetaTrader4から反対方向への注文を執行することはできますが、

それでもタイムロスが発生し、
さらに二重ログインが原因で誤作動が生じる可能性があります。

事実上、専用のツールを使用せずに、
指標発表直前に逆指値注文(OCO注文)を執行することは、
かなり熟練したスキルが必要となります。




一方で、【Shot Gun Trader】では、
事前に設定したエントリー逆指値、決済指値等をワンクリックで注文できます。

ですので、

値動きが激しい重要経済指標発表時でも狙ったポイントで
約定する可能性が高くなるのです。


値動きが大きいと若干のスベリが発生します。

しかし、すぐにポジションに含み益が発生し、
さらに利食いポイントまであっという間に到達してしまいますので、
短時間で考える間もなく利益が発生してしまいます。

上のチャートの赤の破線が利食いの決済指値ですが、
重要経済指標の発表ではポジションエントリー後に
簡単に到達することもあります。

また、アメリカの雇用統計などでは、
発表後、十数分程度激しい値動きの余韻が残りますので、
【Shot Gun Trader】を使用することで、
何度でもエントリーチャンスが得られます。



先の動画ではご紹介の都合上、
2分間弱の間に3回のトレードを実行している動画としていますが、
実は、発表5分後くらいまでにあと2回エントリーしております。

値動きが小さくなってきたら注文ボタンを押さなければ良いので、
激しく儲かった後は勝ち逃げで終了しまうことも一つの賢い判断であると思います。

ターゲットとなる重要経済指標の発表時間が事前に把握できますので、
毎日が忙しい方であっても、

その時間だけ(ほんの数分間だけ)ピンポイントでクリックさえすれば、
簡単に爆益を獲得するチャンスになります。



>>>★指標発表時トレード必須ツール★「Shot Gun Trader」(ショットガントレーダー)狙い定めたイベントで、ほんの数10秒もあればローリスク・ハイリターンを実現!!









[PR]
by kn19571 | 2017-05-15 23:09 | 株・FXで稼ぐ | Comments(0)